k8sのマニフェストを扱うためのMonokle

Monokleというk8sマニフェストを簡単に扱うためのオープンソースソフトウェアがある。

github.com

Mac版だけでなく、WindowsLinux版も出ている。

github.com

 

インストールして、deploymentを開いた感じはこう。

たぶん、自動的に~/.kube/configを読んで、クラスタに接続しているのだと思う。

なんだが、VScodeみたいだ。

各種のリソースをディレクトリ風な表示にしてくれて、わかりやすい。

Golang力を上げるために

最近は仕事を中心として、Golang力を上げる必要性に迫られている。一を聞いて十を知ることが出来るタイプではないので、こんな本で日々簡単なコード(定石パターン)を身につけるべくコードを書いている。

f:id:muto_masa:20220514100938j:image

なかなか分厚い本だけど、解説が明確で、コードが実用的に使えそうなものが多い感じ。

この本を終えるのにあと1ヶ月はかかりそうなので、コツコツと進めたい^_^

 

Golangでmapを使うメモ

golangでデータベースのインデックスでO(1)でアクセスしたい。

mapを使って、戻り値を使うことで、mapにエントリーがあるのか確かめる、定石方法はこんな感じだと思う。

i, ok := index[key]
    if !ok {
        //キーがない時の処理
    }

okがtrueなら、indexにキーが存在し、okがfalseならindexにキーが存在しない。

 

Pythonだとこんな感じだろうか

'key' in index.keys()

 

 

ドライフラワーを入れ替えた

この一年ほぼ同じ飾り方で、リフレッシュするためにもドライフラワーを入れ替えた。

f:id:muto_masa:20220505163147j:image

2018年に名古屋出張時に買ったドライフラワーは全部破棄した。もう色褪せていたし...

また新しいドライフラワーを買いたいなぁ。

 

k8sでコンテナのメモリがlimitsのメモリを超えると

OOMが起こる現象は、Pod内のコンテナに設定したlimitsのメモリ以上にコンテナがメモリを利用すると、Podは終了する。そして、kubeletで再起動されるようだ。

kubernetes.io

メモリの場合は上記だが、CPUの場合はlimitsのCPUリソースを超えた利用はできないだけで、超えた場合にPodが終了することはない。

eBPFの無料書籍を読む

オライリーレポートというもので、全ページはPDFで50ページほど。

下記のリンク先でダウンロードできる。この会社は最近ホットなCilium(k8sのCNI)を開発している会社で、Cilium自体はeBPFをふんだんに使用しているらしい。

isovalent.com